2018年5月13日 (日)

芸人と修行

 過日、初めて芸人さんのライブを拝見しました。
 それぞれ努力をしている姿は、目に見えて修行の成果を出す僧侶に、ある面で似ているかもしれません。
 しかし一番関心をもったのは、声です。
 それぞれに独自の声をお持ちで、よくとおる声の人はやはり賞を取っているようです。
 そしてそういう人は、善悪は別にして、雰囲気が大きい。
 自分に暗示をかけて、自然に大きな雰囲気を出すように努力されているのでしょう。
 いろいろいと勉強する所がありました。

2018年5月11日 (金)

ようやく効いて

 本来草はむしるべきであって、薬をまくのはよくないという意見があるのも存じております。
 しかしこれだけ広い敷地、境内ですので、除草剤をまくことを許してもらっています。
 四月の末にまいたのですが、なかなか効果が出ませんでした。
 そうしましたら、この数日で少しずつ草が黄色く枯れてきている場所が出てまいりました。
 一週間以上、十日近くかかっています。
 希釈の倍率を間違えたのかもしれませんが、効果が出て何よりです。
 さて今夏は、何回まかなくてはならないのでしょう。

2018年5月 1日 (火)

花まつり

 5月3日には花祭りがあります。
 ちょうどつつじなどの花が盛りのこの時期、花祭りをしております。
 本堂前に誕生仏の準備をしております。
 ご縁の方は、おいでになり、お茶をおかけください。
 大体、昼間の時間帯の間は置いておきます。
 皆様がおいでになるのを、お待ちしております。

2018年3月20日 (火)

お彼岸でも

 今年の冬は寒い日が多かったです。ですから春めいた日が来るのを楽しみに、心待ちにする気持ちを持った方は多かったでしょう。
 それでようやく温かくなったと思ったら、また明日は雪がゆるような寒さだそうです。
 体調は万全にして、お墓参りなどはされてください。
 そういえば、温かくなると、大慈寺へ来る賽銭ドロさんも、活動が活発になります。
 まるで虫のようです。

2018年1月21日 (日)

まちドラマ

 今日、栃木ケーブルテレビが作成しました「とちぎまちドラマ ストーリーストリートッ」の上映会がありました。
 全部で十の話が、栃木市内各所で撮影作成されたものであり、一つが十~十五分程度のもので、相当に見ごたえがありました。
 その中の一つに岩舟バージョンがあり、大慈寺も撮影されておりました。
 各ドラマの内容は、地元の人の話ネタをもとに作成されたものというスタイルで、親子関係あり、恋愛あり、人情ありで、単純すぎる内容のわりに、皆真剣に見入っておりました。
 あれ、見たことのある社員さんも店員姿で出ていたりして、地元密着でできたものでした。
 ネット配信だけではなく、将来はDVDにもなるそうです。

2018年1月 8日 (月)

慈覚大師忌

 慈覚大師様のご命日は一月十四日ですが、第二月曜日の成人の日に設定されておりますので、本日大慈寺では、慈覚大師忌と祈願が行われました。
 檀家さんのために、慈覚大師堂において、祈願と供養をしたあとで、外で信者さんたちのために護摩を焚かせていただきました。
 雨も降らず、穏やかな日であり、神仏と誠に通じあったと感じるお祈りができました。
 ありがとうございました。

2017年12月31日 (日)

新春護摩のご案内

 本年も最後の日となりました。
 年末は何ともあわただしいものです。

 さて、来年の正月元旦から五日まで、大慈寺では新春の初護摩祈願をいたします。
 ご縁のある方はどうぞおいでください。

 大慈寺の本尊様は薬師様ですが、護摩は本尊様をお不動様、毘沙門様、観音様化身の円仁様の三体をご本尊として、ご祈願いたします。

 ご参拝の方には、すべて錫杖のお加持をさせていただきます。

 皆様によい一年が来られることをお祈り申し上げます。

2017年12月 8日 (金)

椋平虹のこと

 そらの虹を見て地震を予測する、という実例を出したとされるのが、椋平広吉さんという方でした。
 関東大震災などの大地震を予見したとされています。
 これらに対しては、すばらしい発見だという意見と、うそに決まっているという意見とが出されたということです。
 その椋平さんに、仏師の松久朋琳さんが会いに行ったという記事を読みました。
 松久仏師は、この椋平さんを応援していまして、観音様を彫って送ったということです。
 仏教は科学を尊重はしますが、科学ではありません。
 人が救われる道をお示しすることであろうと思います。
 

2017年11月14日 (火)

団体参拝

 本日、三日間の大慈寺の檀信徒によります本山参拝が終了いたしました。
 無事、帰ってこられましたことに、仏様のご加護、関係の方々のご努力に感謝いたします。
 今回お邪魔いたしましたのは、本山をはじめ、三千院様、青蓮院様、妙法院様、伊崎寺様でした。
 ご案内いただきました方々に深く感謝申し上げます。どの寺院様でも、歓迎していただけました。
 今回参加いただいた方々、関係をいただいた方々すべての方々に仏様のご加護がありますことをお祈りいたしたいと存じます。そしてまたそのご加護を確信しております。
 お疲れ様でした。
 

2017年10月10日 (火)

発見された釣灯篭

 今日、知人の歴史研究家が、面白い資料を持ってきていただきました。
 静岡の韮山に守山八幡宮というのがあるそうです。そこに、天正年間に寄贈された銘文のある釣灯篭があるのだそうです。
 奉納者や年代、などが彫り込まれています。
 ところが、別の場所に擦り消された銘文もありました。
 そこには、文明七年乙未 小野●山大慈寺・・と書かれていたのが読めるのだそうです。
 静岡県史だより23号によりますと、大慈寺が天正年間に北条氏などとの戦場にされた折、戦利品として持ち去られたものであろう、と推理されてありました。
 いやはや、何とも言えない歴史を知ることになりました。
 いつかは、実物を目にしたいものです。教えていただいた先生方に感謝。

«白いものが

無料ブログはココログ